本サイト

無料ブログはココログ

鉄道

2012.01.07

日南線の擬似乗車ビデオを公開

49作品目の擬似乗車ビデオが完成しました。
今回はJR九州の日南線を訪問。宮崎~志布志までの区間を36分にまとめました。
車窓はもちろん、日南線の観光特急「海幸山幸」の走行シーンや秘境駅で有名な「福島高松駅」にも立ち寄っています。

_

__2


2011.11.13

E655系お召し列車が秋の中央線を行く

本日(2011年11月13日)、東京~甲府までE655系によるお召し列車が運転されました。
もっとも天皇陛下が療養中のため、名代として皇太子がお一人でご乗車されたので、正式にはお召し列車ではなく御乗用列車と言うらしいです。
しかしながら元々陛下が乗車されるお召し列車として準備されていたこともあり、お召し列車同様に日章旗+菊の御紋付きで運転されました。
そんなお召し列車を中央線初狩駅で撮影しました!

2011.05.22

「北斗星」運転再開 水鏡に姿をブルーの車体を映す 

東日本大震災の発生から運転を取りやめていた「北斗星」が、5月20日出発の列車から運転を再開しました。
この復活1番列車(札幌発)を、翌朝の福島県白河付近で撮影する機会がありましたので、その映像を紹介します。

20110521_000
EF510を先頭に上野を目指す

20110521_001
水田に自らの姿を映し出す

20110521_002

20110521_003
逆さ金太郎

20110521_004
郡山行きの石油列車

20110521_005

2011.05.13

開催決定!「2011 twitterせとうちオフ会」(7月9日)

今年もtwitterユーザーを対象とした「せとうちオフ会」を開催することとしました。
出席を希望される方はtwitterで幹事の @kishanori あてにツイート又はDMをお願いします。


<企画概要>
・twitterユーザーで、レールファンの集う料理店「せとうち」に興味のある鉄道ファンの方を対象としたオフ会
*興味のある鉄道のジャンルは問いません。

<開催場所>
・「せとうち」
・住所:東京都文京区千駄木3-37-19 プレジール千駄木
 [参考]レールファンの集う料理店「せとうち」(千駄木)

<開催日>
・2011年7月9日(土)18時~

<参加費>
・5,000円~8,000円目途(料理3150円+アルコール)
・会計は、オフ会終了後に按分。(アルコールを召し上がらない方は按分比率を考慮します)

<受付人数>
・会場の都合により最大で12名を考えております。

<申し込み方法>
・受付は5月13日(金)より開始します。(定員に達する予定なので、現在募集を中断しております)
・参加を希望される方は、twitterで @kishanori あてにツイート又はDMをお願いします。
・申し込みが最大人数(約12名)を超えた場合の対応については、幹事に一任いただきたく御理解をお願いします。

<情報の公開について>
・出席予定の方については、事前に出席者同士が交流できるよう「twitterID」「twitterで使用中のアイコン」「twitter上のお名前」を、ネット上に公開させていただきます。(もし非公開を希望される方は、その旨御連絡ください)
・オフ会当日に配布予定の出席者一覧には、「twitterID」「twitterで使用中のアイコン」「twitter上のお名前」に加え、「twitter上のプロフィール」を記載したものを配布予定です。

<会場内での喫煙について>
・店内での喫煙について幹事から規制はいたしませんが、喫煙される方は周りに配慮いただきたくお願い申し上げます。

<出席予定メンバー(ご連絡順)>



状況アイコンtwitterID お名前(敬称略)
最終出欠確認 [◎]
012回目@michinoku583 Takashi Kase
[◎]
022回目@tyokkai ながしま ちょっかい
[◎]
03初参加@umazukikun しろうま
[◎]
042回目
[会計]
@Tankoroh Jun Hoshino
[◎]
05初参加@8_isles Yasuo TAKAHASH I
[◎]
06初参加@T_Kishino きしの
[◎]
07初参加@n_waka n.waka
[◎]
08初参加@tsuguminmin つぐみ
[◎]
09初参加@TOMOTETSU TOMO
[◎]
10初参加@railplanet amaimikan
[◎]
122回目
[幹事]
@kishanori 汽車のり(ひとり汽車旅・のりものの旅)
[◎]

2011.05.07

九州新幹線N700系「さくら」に乗る!

2011年のゴールデンウィーク。3月に全線開通したばかりの九州新幹線を訪ねました。
目的は、今回の全線開通を機に登場した新型新幹線N700系の山陽・九州直通仕様の車両に乗ることと、その擬似乗車ビデオを撮影すること!
残念ながら天気には恵まれませんでしたが、無事に博多~熊本間でN700系さくらの擬似乗車ビデオを製作することができました!
このページでは、そのときの写真を何枚かご紹介します!

Sakura_010
博多総合車両所を過ぎて、新線区間に突入したN700系
こちらに向かってくる坂。新幹線の最高勾配区間のひとつで35パーミナルあります!

Sakura_001
従来から九州新幹線で活躍していた800系も博多まで乗り入れます

Sakura_015
博多総合車両所横の「博多南駅」付近から新線区間がスタートします。

Sakura_011
最初の2枚の画が撮りたくて登った場所。なかなかの難所でした!

Sakura_017
こんな山道を進み、この地点から右側のやぶの中を突入しました!

Sakura_018
たどり着いたのはこんな場所でした。私は「乗り鉄」なのに、このときはすっかり「撮り鉄」っぽくなってました。

Sakura_003
今回の訪問目的になった「N700系九州・山陽直通仕様」

Sakura_014
「白藍色」という青みかかった白?の微妙な外装色をしています。

Sakura_005
車体側面には直通仕様であることを表すロゴがデザインされています。

Sakura_004
表示機は最近流行のLEDですが、高級仕様なのかカメラを向けても文字がきちんと写ります。
*はやぶさは上手く写りませんでした。

Sakura_006
指定席車両はレールスター譲りの2×2のシート配列。レールスターよりグレードアップしたように思えます。
しかし自由席車両は2×3の標準的な新幹線仕様です。

Sakura_007
JR九州の車内販売のお姉さんのサービスレベルの高さにはいつも感動します。

Sakura_008
こちらは博多駅に到着した新大阪発鹿児島中央行の「みずほ」

Sakura_009
山陽新幹線から九州新幹線に乗り入れる「さくら」「みずほ」は、博多駅で乗務員交代が行われます。

Sakura_016
九州新幹線の各駅では、あの全線開通CMシーンから切り取ったポスターが飾られていました。

Sakura_012
九州新幹線で残念なのは防音壁が高い場所が多いこと。写真左のように一段高い塀の区間が多いです。

Sakura_013
高い防音壁のため、車窓も制限され、外からも新幹線が良く見えません・・・

Sakura_002
従来の九州新幹線800系を博多駅で撮りました。

では、最後に今回撮影した擬似乗車ビデオを紹介させて頂きます。


2011.04.10

西武新宿線 武蔵関駅近くの桜

2011年(平成23年)4月11日の日曜日。都内では例年より少し送れ、桜が満開になりました。
東日本大震災で花見の自粛の呼びかけが行われた場所もあったようですが、この場所は例年通りまったりと桜を楽しむ人の姿が見られました。
きちんとしたカメラを持たず、iPhoneで撮影した写真ですが、私の通勤路線「西武新宿線」の春を紹介します。
電車の頭がずれている写真もありますが・・・

__001

__002

__003

__004

__005

__006

__007

__008

__009

__010

__011

2010.12.31

宮原線の廃線跡を訪ねて(2010年12月訪問)

Miyahara_000

宮原線(みやのはるせん)は、久大本線の恵良駅から分岐していたローカル線。
終点の肥後小国駅までの26.6kmは、30年という工期をかけて昭和29年に開通した路線です。きっと九州一の景観を誇る路線だったと思われますが、残念ながら国鉄の中でも特に赤字が大きかったことから、第1次特定地方交通線とされ、昭和59年11月30日をもって廃止されてしまいました。使用されたのは工期よりも短いたった30年という短命でした。

廃止から既に25年を経過していますが、宮原線の形跡はまだところどころに残っているほか、遊歩道として整備されている区間もあることから、その跡をたどってみました。


【豊後森機関区とキハ07】
Miyahara_001

宮原線は久大本線の恵良駅が起点でしたが、全ての列車は恵良駅の隣、豊後森駅を始終着としていました。
豊後森といえば、この旧豊後森機関区の扇形機関庫。もう40年も前に廃止されましたが、将来鉄道公園と整備するため大切に保管されています。

Miyahara_002
いま九州鉄道博物館に保存されている「キハ07」はかつて、宮原線で活躍していた車両。引退後も上の扇形機関庫でひっそりと保存されていました。

Miyahara_0112
九州鉄道博物館にある「キハ07」の説明版。
写真にはしっかりと旧豊後森機関区の扇形機関庫が写っています。

Miyahara_0113
キハ07の車内。こんなレトロな車両で宮原線を旅してみたかった・・・・

【恵良駅】
Miyahara_003
かつての宮原線の始発駅。味わいのある古い木造駅舎が健在。
どうやら昭和4年の開通当時の駅舎らしい。しかも駅の左半分は民家として使用されているとのことです

Miyahara_004
現在、1日の利用客はわずか39名。とうぜん無人駅ですが、かつての改札の様子がさりげなくわかるような構造になっていました。

Miyahara_005
恵良駅のホーム。一番右側にあった3番線がかつての宮原線が発着していたホームらしいです。


【町田駅】
Miyahara_008
恵良を出発して最初の駅。廃止から25年経過した今でも、なんとホームと駅名標が健在です。
この町田駅。今のJR東日本横浜線の町田駅がかつて原町田を名乗っていた頃、”原”をとって町田駅に改称しようとした際に、この宮原線の町田駅が先に存在したことから物議があったと記録が残っています。

Miyahara_007
町田の集落から町田駅への階段。階段の上が町田駅のホームです。
なんとも味のある風景が今も残されています。

Miyahara_006
この町田駅前後の路線跡は道路への転用のため工事が行われていましたが、ホームは道路開通後も残される様子でした。なんともありがたい・・・


【宝泉寺駅】
Miyahara_009
町田の次の駅。宝泉寺温泉郷の入口にある駅。
かつてはこの駅で折り返す列車も設定されていたと記録に残っています。
駅の跡は残念ながらほとんど残っていませんが、怪しい形跡が散見される駅跡でもありました。

Miyahara_010
宝泉寺駅は集落より高い位置に設置されていたようで、その路線跡は国道に転用されています。

Miyahara_011
駅のあった場所には信号や駅名標が残されているというより放置されているような感じの場所でしたが、国道脇にある歩道には怪しげな階段が・・・ 昔の写真と比べてみるともしかしたらこの階段は、ホームにあったそのものではないかと・・・

Miyahara_0111
国道上に続く階段への入口。なんとなく駅っぽいつくり。これが何なのかはわかりませんでした。


【宮原線といえばアーチ橋】
Miyahara_012
廃線後も宮原線は有名な路線ですが、その大きな理由のひとつは今も残るアーチ橋であることは間違いないと思います。
宮原線には7つのコンクリートアーチ橋が残っていて、今でもその姿を見ることが出来ます。
写真のアーチ橋は、麻生釣駅~北里駅に残る、汐井川橋梁(左)と堂山橋梁(右)。アーチ橋が2本同時に見えるこの場所は、宮原線廃線訪問でのベストな撮影ポイントです。

Miyahara_013
汐井川橋梁の近景

Miyahara_014
堂山橋梁。涌蓋山(わいたさん)をバックにするこの橋は、現役時代の有名な撮影ポイントでもあったようです。

Miyahara_015
堂山橋梁の近景

Miyahara_016
堂山橋梁横の路線跡

【北里駅】
Miyahara_017
終点、肥後小国駅のひとつ手前だった北里駅。国道を車で走っていると道路脇に突然現れるホーム跡にはびっくりします。
現役時代は国道はなかったようで、後ろの山の頂を眺めることのできるすばらしい景観の駅だったことが想像できます。

Miyahara_018
北里駅のホーム跡は現役時代のものということですが、ホームの屋根はあとから作られたもののようです。

Miyahara_019
北里駅近くの北里橋梁。北里駅~肥後小国駅までの廃線跡は遊歩道になっており、この北里橋梁の上は歩いて渡れます。


【幸野川橋梁】
Miyahara_020
宮原線最後のアーチ橋。肥後小国駅跡から約2.5km地点、橋の上は遊歩道になっています。
肥後小国駅跡の道の駅「ゆうステーション」に車を置いて、この橋まで遊歩道を往復するのが宮原線廃線跡めぐりの定番でしょうか?

Miyahara_021
この幸野川橋梁はコンクリート橋ですが、鉄筋の変わりに竹を用いており「竹筋橋」といわれています。

Miyahara_022
幸野川橋梁の近景

Miyahara_023
幸野川橋梁の下から、橋の上に上がる道(どこが道かわかりませんが・・・)。これも遊歩道の一部です!!!

Miyahara_024
橋にあがる遊歩道からみた幸野川橋梁

Miyahara_025
幸野川橋梁の上。遊歩道になっています。

Miyahara_026
幸野川橋梁の上から見た景色。これがかつての宮原線の車窓・・・

Miyahara_027
上の写真とは反対側の風景


【廃線跡の遊歩道】
Miyahara_029
肥後小国駅跡~北里駅跡までの路線跡は遊歩道として、ボランティアの方々により整備されています。
全長約4kmの遊歩道にはアーチ橋とトンネルが2箇所づつあります。

Miyahara_028
遊歩道の景色

Miyahara_030
遊歩道の景色

Miyahara_031
路線跡の脇には鉄道遺跡と思われるものも発見できます。

Miyahara_032
廃線跡に2つあるトンネル。普段は照明が点いていません。

Miyahara_035
トンネルの出入り口には照明のスイッチがあります。歩行者が自分でONOFFする仕組み

Miyahara_033
トンネル内部。その大きさに改めて驚きます。たった1両の車両を通すにもこんな大きなトンネルが必要だったとは!

Miyahara_034
トンネル出口

Miyahara_036
トンネルを背に肥後小国駅跡に向かいます。

Miyahara_037
遊歩道の肥後小国駅側の入口。ここから肥後小国駅跡までの数百メートルには路線の形跡が見当たりませんでした。

Miyahara_0114
遊歩道入口にある案内板


【肥後小国駅】
Miyahara_039
かつての肥後小国駅周辺は何もない場所だったようですが、廃線後に道の駅「ゆうステーション」が設置され、いまは街の中心になっていました。
そしてこの場所にはかつて駅があったことを伝えるために肥後小国駅構内の線路と駅名標が残されています。

Miyahara_038
線路の後ろにあるのが肥後小国駅跡に建てられた道の駅「ゆうステーション」。近代的な建物が目を引きます。

Miyahara_040
道の駅「ゆうステーション」内に飾られている「肥後小国駅」の駅名標


【あとがき】
今回の旅行では列車に一切乗ることなく、ゆっくりと廃線跡をめぐり、沿線の温泉宿を堪能してきました。
鉄道趣味というと、いま活躍している列車を楽しむことが多いと思いますが、新しい列車や路線そしてイベントに疲れたときは、時にはゆっくりと廃線跡を巡ってみるのもお勧めです。
かつて列車が走っていた路線や駅の跡を眺めているだけで、色々なことが想像し、またその路線が走っていた地域をより深く知ることも出来、きっと良い意味で気持ちをリフレッシュすることが出来るのではないかと思います。

これぞ大人の鉄道趣味なのでしょうか。さて次はどの路線を巡りましょうか・・・・

2010.11.28

都電の貸切イベント「ドリーム号」に参加してきました!

2010年11月27日(土)。鉄道動画で有名なのりものポッドキャストさんの企画で行われた「都電荒川線 貸切電車ドリーム号イベント」に参加させて頂きました。
これは音楽座ミュージカル/Rカンパニーに所属する北村祥子さんが車掌を務め、ミュージカルファン、鉄道ファンの両方が楽しめるイベントとして企画されたものです。
当日のイベントの様子を写真でご紹介します!

_004
今回のイベントの主役。車掌を務めた北村祥子さん

_001
イベントに使用されたのは7511号。今年6月から大阪の阪堺電気軌道の塗装をまとった車両です。

_002
車両側面には東京・大阪相互乗り入れの文字も・・・

_000
イベントの受付は、荒川車庫に隣接した「都電おもいで広場」

_003
都電の車庫で目立っていたのはタイの3輪タクシー「トゥクトゥク」! 何でも職員さんの私物でナンバー取得済。なんと通勤に利用されているというから驚きです!

_005
いよいよ乗り込みます!車庫からの乗車は貸切ならではの体験

_008
イベントは荒川車庫~早稲田の往復で行われました。車内では車掌役の北村祥子さんの学生時代の恋?とそれにまつわる近鉄電車などを含めた自己紹介からイベントが始まりました。

_007
お歌も披露!

_017
このイベントの「乗車記念きっぷ」。北村祥子さんが乗客1名1名wまわりパンチを入れました。
お子様からは「なぜ切るの?」の質問も・・・ すでに自動改札しか知らない世代にちょっと驚き!
きっぷの後ろのは、車内でお披露目された曲の歌詞。なんでも音楽座のテーマ曲みたいなものだとか?

_009
貸切のため、各停留所は通過?いやほかのお客様は乗車できません・・・

_010
サンシャイン60の見える有名撮影ポイントを通過!

_019
早稲田の折り返しで、運転席をパシリ!

_011
イベント列車は途中すべて通過ですが、前の都電を追い抜くことが出来ないため、よく詰まります・・・(笑)

_012
早稲田まで往復して荒川車庫前に戻ってきたイベント列車。ここで全員下車します。

_013
イベントを終え、車庫に戻っていく阪堺色の都電7511号

_014
イベントを終えて、もう一度都電の前で記念写真を撮られる車掌役の北村祥子さん

_020
イベント終了のご挨拶!

_015
1日車掌。お疲れ様でした。

_018
イベント終了後、参加者全員に配られた北村祥子さんお手製の「都電クッキー」
なんと昨晩徹夜して作ったとのこと。それに加え参加者一人ひとりに手書きのお礼状が添えられていました。
すばらしいおもてなしに頭が下がる思いです。

今回参加させて頂いた「都電荒川線 貸切電車ドリーム号イベント」
がちがちの鉄道イベントではなく、参加者の半分以上いやほとんどはミュージカルファンの方々だったと思いますが、企画された方々の細かいご配慮の中、とてもほのぼのとした雰囲気を楽しませて頂きました。
もっと気軽に鉄道を楽しもうよ!そんな新しい鉄道イベントの形を見せて頂いた思いがします。
ありがとうございました!

【今回のイベント開催にあわせ、のりものポッドキャストさんが作成されたイベントイメージビデオ】


2010.11.23

鹿島鉄道の廃線跡・・・

先日(2010年11月20日)、茨城県石岡市でのゴルフコンペに参加した後、コース近くにある鹿島鉄道の廃線跡を散策してきました。
鹿島鉄道は2007年3月末で廃止された非電化のローカル私鉄で、特徴ある古い車両が走る路線でした。
短い時間だったため、多くを見ることは出来ませんでしたが、廃駅や保存車両を写真に収めてきたのでこちらで紹介します。

【小川高校前駅跡】
かつての鹿島鉄道に並行している国道355号線を走っていると、田んぼの中に突如現れる廃駅。
鹿島鉄道の継続には地元の高校生が「かしてつ応援団」を結成していました。
ホームの壁には当時のポスターなどもそのままに・・・

_001

_002

_003

_004

_005

_006


【病院で保存されているキハ432】
かつての鹿島鉄道の車両は何両か保存されていますが、今回出会えたのはキハ432
このキハ432は昭和32年に新製され、富山の加越能鉄道で活躍した後、関東鉄道を経て、鹿島鉄道にやってきた車両。
小川高校前駅の近くに保存されていました。

_007

_008

_009

_010

_015
<↑現役当時の写真がありました(2004年撮影)>


【鉾田駅跡】
鹿島鉄道の終点だった鉾田駅。廃止跡は2両の保存車両があり動態保存もされていましたが、今は別の場所に移されたということです。

_011

_012

_013
線路に残るオイルの跡・・・

_014
<↑現役当時の鉾田駅>


【常陸小川駅】
以下の写真は、上記写真の半年前(2010年5月)に撮影したものです。
交換駅で広い構内でしたが、鉄道設備は何も残っていません・・・・

_019

_016

_017

_018

_020
<↑現役当時の常陸小川駅(2004年)>

_021
かつて有志によって大切に保管されていた貴重なロット式ディーゼル機関車も壊されてしまいました・・・

2010.10.17

中央線201系最後の旅路

本日、中央線に残っていた最後の201系が、さよなら運転として抽選で選ばれた400人の乗客を乗せて、豊田~松本まで運転され、その後解体される長野総合車両センターまで廃車回送されました。
この列車の運転を持って、約31年間活躍したオレンジ色の201系が営業線から消えていきました。

動画は、日野~八王子間の浅川鉄橋で撮影しました。
ここでは、おおよそ50人程度のファンに見送られ、201系は二度と戻らぬレールを後にしていきました。

201_2

201_3

より以前の記事一覧

Google

  • Google

AMAZON