本サイト

無料ブログはココログ

« 「北斗星」運転再開 水鏡に姿をブルーの車体を映す  | トップページ | E655系お召し列車が秋の中央線を行く »

2011.08.06

グランクラス乗車記 辛口です!

Hayabusa_001_2

新幹線のファーストクラスとも評される「グランクラス」
2011年3月5日。東北新幹線に登場した「はやぶさ」にのみ連結された「グランクラス」の指定券は、グリーン料金より5000円高いにもかかわらず、運行開始から5ヶ月経った今でも、プレミアムチケットになっています。

最近では、実際に乗車した方々の乗車記を、色々なところで目にする機会も増えてきましたが、その評価はいずれも高いものばかり・・・

本当に「グランクラス」って、そんなにすごいものなのだろうか?

そんな思いを抱く中、偶然にも2011年7月24日(日)の「はやぶさ404号」に「グランクラス」の空席を見つけることができ、盛岡から東京まで乗車する機会に恵まれました。

以下、私が「グランクラス」乗車中の車内から、Twitterでその様子をリアルタイムでツイートした内容を、ほぼ原文のまま紹介したいと思います。

正直 非常に辛口評価です。

その評価は、私が今まで「飛行機」や「外国の列車」の上位クラスで受けてきたサービスと比較したものです。
「鉄道ファン」や「グランクラス信者」の方には、お気に障る点が多々あると思いますが、私も鉄道の旅を好む一人です。
「グランクラス」が、世界に誇れる最高級のサービスを提供する列車になってほしいが故の苦言であることを含みおき頂ければと思います。

Hayabusa_002_2
<グランクラスの指定券>
グランクラス料金は9000円。内訳としてグリーン料金4000円+グランクラス追加料金5000円と理解ください。
しかしながら、現在はグランクラス追加料金5000円は、東日本大震災被災地支援の義援金として取り扱われています。

Hayabusa_003_2
<10号車がグランクラス>
号車番号の横にグランクラスを表す「G」マークがあります。

Hayabusa_004_2
<グランクラスの車内>
いよいよグランクラスに初潜入しました。残念ながら窓側ではなかったのですが、今回はグランクラスのサービスを体験するのが目的だったので、あまり残念には思っていません。


Hayabusa_014

では、これよりTwitterでのリアルタイムでツイート再掲 
太字が私のツイート分 → はその時頂いたコメントの抜粋)


なんすか?このおしぼりの出し方は?ファーストクラスが笑わせます。
暖かいおしぼりを出せば良いというものではない。袋から出して渡すんじゃない?
いきなり呆れました。破った袋が未だ回収されず汚くテーブルに残ります。

Hayabusa_005

→自分の時は少し時間が経過した後に袋だけを回収してくれた。今回のグランクラス担当アテンダントさんのミスでは?

今日のアテンダントは気が利かなかったのかな? でも選ばれた人たちなんですよね?・・・

→「誰も触れていない清潔な状態」を意図しているのか

グランクラスのアテンダントの方は、私よりはるかに清潔でしょうから、ぜひ「おしぼり置き」に出して提供頂けたらと希望します。

→海外の航空会社では、おしぼりをトングのようなものでつまんで渡している。(エコノミークラス)

ありましたね!エコノミーでもその対応ですよね? ビジネス以上は日系ならおしぼり置きで提供かと・・・

Hayabusa_006

なんで新聞を取りに行かないと行けないの?

→乗客がアテンダントに時刻表を頼んだら、デッキに備え付けています=取りに行け、と応えているのを見て「アレ?聞き間違い?」と思ったの。やはりそういう対応なのか…

新聞お済みでしたらおさげします。なぜ言えん?

Hayabusa_007

乗客に軽食の注文聞いて準備するのは良いけど、アテンダントが軽食持ったまま、乗客にテーブル出せ!とはなんだよ! レベル低すぎ! まあこんなものとは思っていたけどね。

おい!シードル品切れってなんだよ!この列車は何処から来たの? 信じられない。

→新青森発のはやぶさでもダメ? 早朝便では搭載してない・サービス時間が限られていると記載しておけばいいのに!

シードルが無かったのにはほんと呆れました。飛行機の上級クラスならば、似たような代わりのものを準備しているかと・・・

供食サービス。国内の交通機関で最高レベルはJALの国内線ファーストですね。提供はちゃんと器にもって出てくるし、味噌汁だってある。しかも10日起きにメニューが変わる。何処かの新幹線みたいにビニールがついたまま提供しませんよ!

Hayabusa_008

分かりますか?この状況・・・
列車のファーストクラスという表現は控えてもらいたい。 やはり日本の列車はシートが良けれは良い評価なんだよね?
接遇レベルは飛行機にはとても及ばない

接遇は飛行機のファーストクラス以前の問題。しかも国内線ファーストより遥かに劣る。
接遇だけならJR九州のアテンダントの方が教育されてる

→座席設備に応じて対価を払うという考え方自体を改めた方がいい。
 ちなみに自分の旅館を選ぶ基準は、ハードよりもソフトが優れていること。少々ボロでも心がこもったサービスというのが理想。

JR九州のアテンダントには「品」を感じます。 彼女たちは誇りを持って仕事していると感じます。グランクラスのアテンダントにはそれを感じなかった・・・

Hayabusa_009

グランクラスが素晴らしいという評価を色々なところで見たけど、評価する比較対象がなかっただけでしょ? 改善すべき点があり過ぎだよ!これ! ほんとシートが良いだけじゃん。

ブランケット。客の目の前でビニールから出すか? 呆れすぎ。このアテンダントだけと思いたいよ

→袋をビリッと目の前で破いて開封するのは、個人的には良い気持ちはしない気がする

グランクラスの接客マニュアル的には、あの提供でよかったのだろうか? 大きな疑問です。

まあ航空会社がグランクラス乗って、笑ってるだろうな?
それに気づかないのは、レールファンだけかもね? 東も飛行機の接遇を知らないわけであるまい。

Hayabusa_010

グランクラス。シートはよいと思ったけど、このテーブルの取り出し方法は良く無い!

グランクラス。私の評価は無理に中途半端なシートサービスはしないで、グリーンより1000円程度高いシートとしての提供。 近い将来にそうなる気がする

Hayabusa_011

グランクラスの改善要望としては、ハンガーもありだな? 飛行機のようにお預かりは出来ないにしても、従来同様に壁に引っ掛けるは全くダメでしょ? やはりシートなどのハードばかりが評価が目立ち、おもてなしが足りないかな?

→ハンガー、なるほど「格」として必要だと思う。もちろん木製のしっかりしたもの

東京到着の準備の為とグラスを下げるのは良いけど、グラス脇のゴミはいつになったら下げるんだ? もうほんと基本がなってないよ?

Hayabusa_012

グランクラス。到着10分前にアテンダントがマイクを通さず肉声でサンクストーク。 かつてのつばめのグリーンを参考にしたんだろうけど、グランクラスは車内が広いから、聞こえないよ?

→私の時も全く聞こえなかった。

グランクラスよ。色々厳しいこと言ってごめんよ。 でもそれは、日本の誇るべき列車になってもらいたいが為に、今までの私の少ないながら、色々体験してきたサービスとの比較を述べたまで。 サービスについて出来ることの制限はあるだろうけど、世界一を目指して!

Hayabusa_013

→予想通りグランクラスかなり辛口評価

→ALL OK!では何も成長しないから厳しい意見は大切。
 車両がいいとかシートがいいなんてのは「鉄」の視線であって一般客の視線ではない

グランクラス。レールファン対象のものではないのですよね? 一般の人に新幹線を選んでもらうサービスの一環としては、ちょっと足りないかなと・・・ 

→改善すべき点は、どんどん指摘し、JR東の改善対応に期待したい。
 指摘しても、漫然としている会社ではないと思いたい

私の勝手な想像ですが、JR東日本も足りない点は解っていると思います。ただ必要と判断していないのかな?と

→通常状態かつ車両増備され稀少価値も薄れたら、+9000円の価値があるかどうか

私は供食サービスは、近い将来なくなるのかなと? 思ってます。で値段を下げて、グリーンよりちょっと上の値段でシートだけ提供かと・・・

« 「北斗星」運転再開 水鏡に姿をブルーの車体を映す  | トップページ | E655系お召し列車が秋の中央線を行く »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

今日グランクラス車輌のある新幹線で帰宅しました。
グランクラスでなくても、グリーンで私には十分と思いました。
が!気のせいでしょうか、他の昔からの車輌のグリーンよりランク落ちした気がしてがっかりしています。電動でシートを倒せるとか、読書灯があるとか、ハード面、メカニカルな面はよくなりましたが、シートの座り心地が悪くなった気がします。普通車+α な感じです。シートってこれしか倒せなかったかしら?前の席との空間が狭くなってない?私がうっかりしただけかもしれないけど、足おき台は?シートの下が上がるのはわかりましたが。

今日は足を骨折していたので、できるだけ体が休まるようにしたかったのでした。左足首だけの骨折ですが、真っ直ぐ前に足を伸ばせないので、空席だった隣のシートに足を乗せていました。

グランクラスが出来て、普通のグリーンがガタ落ちな感じ。

それからおしぼり。昔はグリーンでも配っていましたよね?結構昔だけど。飲み物サービスもありましたよね?いつからなくなったんでしょうか?

今は知りませんが、近鉄特急は「京都」-「奈良」間のような短距離でも、手でおしぼりサービスしてましたね。そしてカゴを持って回収に来てくれる。

あーあ、新幹線のおかげで足がまた痛くなりました。辛口でもグランクラスにするか、普通車にするかにしておけばよかったです。グリーンが半端なものになりました。

僕の地元JR北海道だったらグリーンでも雑誌を持ってお読みになりますか?ときてくれます。北斗星のロイヤルの対応もよいです

はじめまして。

ご利用になったグランクラスでアテンダントの対応の酷さですが、それは彼女達の仕事に対する「プロ意識が欠けている」からではないかと思います。

例えばこちらがアテンダントの写真を撮る時に、応じてくれる人は「自分の仕事に自信を持っているプロ意識」がある人で、断る人はそれがない人ということです。

しかしアテンダントが何らかの問題や事件などを起こせば、彼女達の対応や行動などが問われることになるのかもしれません。

といっても、グランクラスアテンダントの酷い対応は、何とか直して欲しいものです。

JRに対しては輸送以外は全く期待していませんから、自由席で充分です。

その輸送さえも間引きや削減ばかりを考えるようになったことから、経営
最優先であることは
間違いないでしょう。

気仙沼線をバスで「復旧」させたと豪語する態度にも表れています。

静かで車両の端に位置しているため通り抜けがないのはいいことです。
一等車やファーストクラスと仰っている方もいらっしゃいますが、
昔の一等車は乗車券・急行県等も二等・三等車の倍額でしたから
そもそも一等車でもないしグリーン車の位置づけでしょう。
グリーン車や普通車のほうがほんのわずかのグランクラスより
結局乗車人数の多さで稼げるので仕方ないのではと存じます。
ちなみに私は航空機のファーストクラスは食事や接客よりも
とにかく質の高い睡眠を確保したいと思うので、
グランクラスもシェルシートをもう少し寝られるように良くしていただければグランクラス料金が
グリーン車との差額で+10000円でもいいかなと思っています。
1万や2万の追加料金に対して大して高いと思わないでふらっと使う程度で考えたほうがよろしいかと。コストパフォーマンスを考えると非常にケチくさくなるので元を取ろうというあさましい考えは捨てて食事もいらない時は手をつけずにただ寝るだけです。
またお盆や年末年始やGWに高くてもいいかなと。
乗客で嫌な方は何度もアテンダントを呼んだり、飲み物を何回も頼む方。
乗客にしろアテンダントにしろ横を通られることと
食べる音やにおいが安息の妨げになるので、今のままの小さな弁当とこれはもう少し良いものがほしいのですが上品な水菓子でいいのかと思います。

九州 福岡の人間です。鉄道ファンとしては一度はグランクラスに乗ってみたいと思い、此処にたどり着きました。
で、読んでの感想ですが、予想通りでもあり、だけど失望した思いもあります。
元々地元JR九州のサービスレベルの高さに慣れている私にとって東海や東日本の列車に乗ると、やはりサービスレベルの低さに閉口してしまう部分を感じます。
でも、流石にグランクラスは違うだろうと思い、読んでみましたが、やはり東日本クオリティ(笑)炸裂ですか?非常に残念です。
なんかグランクラスに乗る気がちょっと薄れてしまいました。
九州の客室乗務員は総じて素晴らしい女性ばかりですよ。列車の中で楽しんでもらおうという姿勢が随所にあるんですよね。
今秋から運行開始する「ななつ星」、私には値段が高すぎて乗ることはないでしょうが、おそらく世界でも屈指のサービスで旅行ができるのではないでしょうか?

では乱文失礼しました。また寄らせていただきます。ありがとうございました。

JR東に車内での接客サービスを求めてもダメなんじゃないでしょうか?
JR東の本体は、列車の設備しか考えていないと思います。
接客は外注に丸投げ。
昔は、グリーン車や寝台列車で接客する乗客専務の車掌さんには鉄道マンとしての誇りを持った対応を感じたことがありました。
今は指定席の発券情報も端末でチェックするようになって検札もなく、乗客との接点がなくなってますから。そうなると、サービス=設備ということになってしまいますよね。

あのシートを出来が良いと思ってるのがすごく意外でした。
張りの強すぎる革張りのため落ち着かない座面。
左右で高さが違い落ち着かない肘掛け。
こんな基本的なことが出来ていないシートにOK出したのは、単にRECAROというブランドイメージが欲しかっただけなんだろうなと思います。

グランクラスに8回ほど乗った者です(去年3回、今年5回)。
出張帰りのご褒美にとグランクラスをたまに取るようにしており、それ以外はグリーンに乗っています(グリーンは100回以上で覚えていない)。

基本的にグリーン+5000円の価値があるかというところでは、同じく「ないなー」という印象です。
個人的には飲み食い分と椅子で+3000円くらいでしょうか。

アテンダントの対応ですが、今は・・・
・飛行機と同様に新聞を持って練り歩くようになった(始発だけかも)
・軽食や飲み物の注文を受けたときにテーブルを出してくれる“こともある”
・毛布のビニールを開けてから持ってくる“こともある”
くらいは良くなりました
“こともある”と書いたのはそうじゃないときもあるからで、もしかしたらマニュアルの切り替わり時期だったのかもしれません。

他、おしぼりは袋のままですし、軽食やお菓子の箱や袋もそのまま。
ゴミ回収は開通当時よりは空いているせいか早いです。
というか、私が乗るときはほぼガラガラで、満席どころか全部の列に人がいることを見たことないです。所詮は珍しさだけ、という感じでしょうか。

アテンダントの対応は良い方だと思いますが、グリーンと比較して特筆すべき「上」さはないと感じています。
グリーンのアテンダントの対応が結構良い印象なのもあります。
ただ、教育目的なのか手厚くするためかわかりませんが、ここ最近は2人体制となっているのか注文応答などは早くなっています。

サンクストークは更に広いグリーンでも肉声です
むしろグランクラスの方が良く聞こえます(笑

ということで私も辛口評価なのですが、それでも何度も乗っているのは「やっぱり良い」からです。
疲れた出張帰りに広い一人席でのんびりと帰る雰囲気がいいんです。
これからも帰りは乗ると思うので、もっと良くなってくれると嬉しいなぁと思う次第です。

こんにちは。30代後半のおじさんです。

仕事柄、年間の海外出張が20回を越し、単純計算しても40回は国際線(殆どが10時間以上)で移動をしているからか、国内旅行は陸路(鉄道)旅行を好みます。

かねてから憧れていたグラン・クラス、試乗体験前に貴重な意見、大変参考になりました。

ニッポンの鉄道技術は世界一、世界中の誰もが認めるところかと思います。それなのに、ソフト面(車内サービス)では2流国、いや2流会社ですよね、JR東日本さんは。残念でなりません。

日本の文化の美しさは「こちらから言わずとも、相手を察し、思いを汲み取る」というところにあるかと思います。おしぼりサービスの件、私だったら「ふざけんな、このやろう!」とアテンダントに口を出してしまうかもしれません(笑)。失礼千万ですね。マニュアル的で、杓子定規的なサービス、これはいただけません。これでは安かろう悪かろう時代のロシアのアエロ・フロート航空です(今は大分良くなりましたよ)。

いや、マニュアル自体をもっと徹底しなければいけないと思います。

東北路線は、飛行機との競争でもあるかと思います。もっと、さまざまなサービスの内容を航空会社のそれと比較、検討、盗むくらいのことをしないと。

辛口のコメントどころか、とても大切な意見だと思います。いっそ、JR東日本、お客様相談口にメールして、改善を要求してみるのもありかもしれないですね。

大変参考になりました。どうもありがとうございました。


初めまして!!
グランクラスに興味が有り、拝見いたしました…
辛口で良いと思います。
今や新幹線も航空会社との競争に成りました。
ましてやJRE自らグランクラス=ファーストクラスを名乗るのであれば…
接客も、設備もそれに近い物を顧客が期待します。
接客マナーがいまいち…では、グランクラス=ファーストクラスを名乗らなければよろしいのでは!?
鉄道会社だから…などのexcuseは、嫌らしい逃げと受け取られますよ…!
海外からの顧客が乗り込まれたら
鉄道会社のサービスだから仕方無いって…思うでしょうか!?
それこそ飛行機のサービスを知っている者からすれば、首をかしげる内容では…?
JR 東海の新幹線グリーンのアテンダントの方がゴミや新聞や雑誌など小まめに回収配達をしていた記憶がありますね…(笑)
食べ物も車内販売の駅弁ですが、頼めば持って来てくれましたよ。
お勧めのお弁当なんかも教えてくれたりして…
ブランケットもビニールから出した状態で提供してましたしね。

教官又は、覆面チェックマンは居ないのかな?
サービスが其なりに成るまでは…グリーン車にしておきます…(笑)

イヤハヤ予想していた通りです。JRは民営化してかなり経ちますが、サービス業のなんたるかが十分理解されていないと思いますね。こんな高い料金をとって低いサービスでは乗る気がしなくなりましたが、まあ一度怖いものみたさで乗車したいとおもますが、料金は高い、サービスは低いではまるでボッタクリバーならぬボッタクリ列車です。

グランクラスに乗ったことは無いですが、憧れが有るので、グランクラスに付いて色々と検索しているうちに、こちらのサイトにたどり着きました。
グランクラスアテンダントさんって、もっと素敵な女性達だと思って夢を持って憧れていたのですが、こちらのサイトを拝見した限りでは社員教育も満足でないのかな?と思えてしまい、少々ショックを受けました。

5月17日に利用しましたが、ファーストクラスのサービスではありません。
根本的な問題はサービスレベルが低すぎだと言うこと。ホスピタリティなどかけらも感じられません。
ハードがよければ良い??
役員の方は本物の気づきのある店を利用したことがないのかな?

次回利用時の改善を期待しています。

はじめまして!検索でたどりつきました。

先日、2012年GWにグランクラスを利用しましたが、全く同様な内容で驚きました。

みんな感じることは一緒なんだなぁ・・・と
JR東のそのままな対応に(笑)

他の記事も参考にさせてもらいます。

貴重な情報ありがとうございます。
飛行機が苦手な母と2人旅と思いグランクラスを検索していたところです。
JR東日本の体質やサービスが大嫌いで、日頃JRを使わないようにしているのですが、遠出する時は仕方なくJRを使います。
旅行に行くときぐらいは、気持ちよく行きたいので、グランクラスをと思っていましたが、やはりJRですね。愛をもって酷評したところで、残念ながら、JR自体が変わるはずがありません。
残念というか、新幹線で母と旅行というのは諦めがつきました。
本当にありがとうございました。

来月はじめてグランクラスを利用します。飲食やサービスについては、「おまけ」程度と思って、そこまで期待はしていません。乗り物の料金というのは、乗車率、つまり、同じスペースでどれだけの乗車賃を得られるかで換算しているものでしょう。そう考えると10000円のプラス料金は妥当と思います。飛行機のエコノミークラスとファーストクラスの料金の差はそれなりのサービスの違いがあって当然以上の額です。飛行機と同じレベルで比較するのはいささかお門違いかなという気がします。2度は利用しないかもしれませんが、これから利用するにあたり、せっかくですから楽しんできたいと思います。

私の乗車した感想を書きます。
以前3回ほど、東京-仙台間利用しましたが、確かにおしぼりのビニール回収は
全て、仙台まで取りに来ませんでした。
軽食のゴミすら余りにも回収に来ないので、やむなく自分で捨てに行きました。
確かに、アテンダント教育が為ってませんが、一部のお客に掛かりっきりになるという事もしばしば見ました。
高い料金払ってるのだからと、平気で通路にゴミを捨てる馬鹿も居ましたしね。
乗り手のマナーも向上しないと、堂々巡りかも知れません。
私は、それ以来グリーン車に乗ってます。
だって、静かですしね(笑

はじめまして。検索で上位にあったのでおじゃましました。
昨日3回目のグランクラスでしたが、乗るたびごとに応対が良くなっているのはたまたま私だけでしょうか?
東京ー八戸間の利用です。具体的には書きませんが、まあ同じサービスとは思えない位の違いです。1回目大晦日の利用は確かにひどかった。2回目まあまあ。3回目の昨日はアテンダントの方との会話も楽しかったです。新幹線で本州の端から端の移動なので出来るだけ楽をしたいのですが、こういったサービスがあると時間の過ぎるのがあっという間で結構楽しみにしています。
是非続けていって欲しいものです。のぞみにもあれば利用するかも。

2012/2/12に仙台からE5系のはやて32号に乗車しました。
グランクラスにも空きがあったので2列シート側の窓側で予約しました。
私が最後の乗客だったようで、他の席は満席。もちろん、B席にもお客様が座っておいででした。
お土産などで大荷物を抱えての乗車でしたので、まず、B席の方がくつろいでいらっしゃるところをお邪魔して、シートを戻していただいてまず荷物を自席に置いたあとに自席前に。そして荷物を入れようとすると頭上の荷物いれは満杯。B席の方の分は1/3程度。動かそうにも所有者がわからない以上動かし様がないのです。
東京で降りる時に、後ろの席のB席の方の荷物であったことが判明するわけですが、そうなる理由もA席の方がコートなども含め平置きでスペースを占拠されていたのが理由でした。航空機ですと、アテンダントさんが調整されることありますし、立て置きにするようビデオも流れたりして当然のように思うのですが、全く助けがなく途方に暮れました。結局B席の方がコートを引き取ることでできたスペースにもっともかさばる背の高い荷物をいれて、あとは床におきました。自分のコートは窓脇の引っ掛けにかけましたが、それもどうかと思うのですが、Bの方のコートがまた行き場がない次第。その頃になってアテンダントさんがいらっしゃって預かれないので、他の場所へ手配していましたましたが、お隣さんには大変迷惑をおかけしました。

あのシート配列は奥からは手前の人を邪魔せずにアクセスすることはできないように思いました。個人的にはシート幅をもう少し狭くして、通路を2列にしたほうがずっとよいように感じました。
おしぼりや飲み物などのサービスについてはおっしゃる通りであろうと思います。また途中乗車の際にはかなり気を使うことも残念な点でした。

雪の東北への一人旅(リセット旅行)を考えてた時に、グランクラスの存在を思い出し、検索してみたところ、たどり着いた者です。
辛口評価、大変参考になりました。
中途半端なサービスほど、イライラするものはありませんよね(笑)
空気をよむことが、
心地よい&高級
なのかな、と。

サービス向上するまで、利用を控えることにします(笑)

貴重なレポート
ありがとうございました。

グランクラスの内容を検索してて辿り着きました。

祖父母にグランクラスの往復をプレゼントしたいと思い
どれくらいのサービスが受けられるものか、
どれくらい融通が利くのか気になっていたのですが、
どうやらそれ以前のようですね。

今後サービスの質が向上するまで、ちょっと考えなおしてみます。
この記事はとても参考になりました。

グランクラスのサービス内容が大体わかりました。

飛行機の上位クラスのサービスにはまだまだ及ばない点が
見受けられるのですね。

しかし、
>グランクラスよ。色々厳しいこと言ってごめんよ。 でもそれは、日本の誇るべき列車になってもらいたいが為に、今までの私の少ないながら、色々体験してきたサービスとの比較を述べたまで。 サービスについて出来ることの制限はあるだろうけど、世界一を目指して!

その割には「愛がない」表現の羅列だな、、と思う。
tweetだから仕方ないんだろうけどさ。

シードル飲みました。
今乗車中ですが、
はやぶさ402号です。
(仙台始発東京行き)

サービスは…
書いてある通りでした。

さっきアテンダントに、
かなりキツく言いましたが、
どーやらNREだと、
治んないかもしれませんね。

飛行機のソレとは違うのだし、まして長時間乗車するのとも違うのだし、比較対象がなかなか無いのかもしれませね。
粋で乗るぐらいに思っておいて吉でしょう。
ハプニングも人生のスパイスとしてこれまた好しです。
シードルはあまり生産されてない模様。どうしても呑みたいのなら青森まで行けばいいんじゃないのでしょうかね?
アテンドの方の云々も色々とあるんでしょうな。
リアルな話、グランクラスがどんどん増えてくると、どうなるでしょうね?
自分だったら・・・会話の少ない空間で、自分の好きな駅弁を買って食べ、ドリンクサービスを受け、好きな音楽を聴きながら、旅の疲れを癒しているでしょう。
サービスを受ける側も、大人な対応をしたいものです。

鉄道ファンなのですが、このサービスの低さに残念な気持ちにさせられました;;
グランクラスというのは所詮(心を鬼にして言います;;)座席のことしか考えない、サービスは他の所を真似てみようと思っただけの、それくらいのレベルの座席だということが今回分かりました;;
もっと、サービスの向上がされるまで、乗りたくは無いですね;;

ブログ記事更新、楽しみにしておりました~。
そして当日Twitter上でのやり取りも採用して頂いて、恐縮です。

E5系のハード面では、これまでの研究開発成果の結晶と言えますが
JR東日本を一番利用するエリアに住む者として
他社(異業種含む)と比較してみても、接客対応等に
まだまだ進化する余地がかなりあるのでは?と思っています。

グランクラス専任アテンダントさん達は「選ばれし者」でしょうけれど
先日乗車してみた時に感じたのは「正直、そうでもないかな?」でした。

イチ顧客として、JR東日本にはもっと素晴らしい会社となって欲しいです。
ですから良い所は評価し、気になる点は上申して行きたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「北斗星」運転再開 水鏡に姿をブルーの車体を映す  | トップページ | E655系お召し列車が秋の中央線を行く »

Google

  • Google

AMAZON