本サイト

無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.21

MSE 小田急新型ロマンスカーを見に行く!!

Mse_001

2007/10/19に報道発表された小田急の新型ロマンスカー「MSE」60000形。
このロマンスカーが報道公開の翌日(10/20)に同社の海老名車庫で開催される「ファミリー鉄道展」で展示されるということで、6年ぶりに小田急のイベントを覗いてきました。

前回尋ねた2001年は、天候が悪かったこともありゆっくりとNSEなどを見ることが出来たのですが、今回は発表されたばかりの「MSE」が展示されるとあって凄い人出・・・・
「MSE」以外にも、引退後の1993年からずっと屋内の保管設備に入っていた初代ロマンスカーともいうべき「SE」が約14年ぶりに屋外に引っ張り出され展示されたことも注目されます。

ただ人が余りに多かったからか残念なのは、これらロマンスカーは「車輌撮影」の列に並ぶか、「車内見学」の列に並ぶかしないと見ることは出来ませんでした。
私は「車輌撮影」のほうに並びましたが、並びはじめてから車輌を撮影できるまで約20分かかりました。
「車輌撮影」側から撮影可能なのは、「SSE」「NSE」「LSE」「MSE」の並び
1回50名程度に区切り、約3分程度の完全入れ替え製でありました。

登場当時の姿に復元されている「SE」の顔は、「車内見学」側の列に並ばないと撮影できないのですが、残念なことに私が並ぼうとした13:30過ぎには既に人の多さから列に並ぶことを許されず、まったく拝むことが出来ませんでした。
注目される「MSE」の平面顔も「車内見学」のコースに入っているLSEの車内からしか撮れなかったようです。

それにしても「車輌撮影」か「車内見学」のいずれかの長蛇の列に並ばないとロマンスカーを一切拝めないというのは、本来のターゲットであるファミリー層には辛い方々もいらしたのではと思われます。

第2会場といわれる場所は、完全な物販市場・・・・
関東関西の鉄道会社がオリジナルグッズを販売し、多く人で賑わってました。
この第2会場の小田急レストラン?ブースで目に付いたのが「MSE」パッケージのロマンスカークッキー
やることが早い!!

このブースには昔のロマンスカーで営業していた「走る喫茶室」の制服を着たお姉さんがいてびっくり!
「日東紅茶」「森永」の両制服ともに着用されていましたが、残念ながらこれに気づいたり懐かしく思う方も少なかったようなのが残念でした。

Mse_002

Mse_003

Mse_005

Mse_004

Mse_006

20071020_2


2007.10.08

小田急4000形のほか、多摩急行コンプリート動画

Tama4000

10月の3連休。2日間に渡って小田急線の動画撮影に出かけ際、新型の4000形や東京メトロ06系を撮影することが出来ました。
いずれもスナップ程度の動画ですが、多摩急行に使用されている車輌を動画でコンプリートできましたのご紹介します。

Tama

2007.10.07

小田急ロマンスカーの動画を撮る!

7月に小田急ロマンスカーに登場したLSEの旧塗装をビデオで収めたく、昨日、今日と小田急沿線にぶらりと出かけてきました。
旧塗装は1編成しかないため、撮影チャンスは1日に数回しかないので、他のロマンスカーの動画もあわせて撮影してみました。
残念なことに目的であるLSE旧塗装は、通勤路線上、列車がかぶさってしまったり、ビデオカメラの調子が悪いなど、納得のいく撮影が出来なかったので、またリベンジに尋ねたいと思っています。

20071007_3

20071007_1

20071007_2

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

Google

  • Google

AMAZON