本サイト

無料ブログはココログ

« 金の鯱塗装のボーイング737 | トップページ | EAST-i ドクターホワイトを発見! »

2006.05.07

久々の「峠の釜飯」

Pa0_0000

近年まれに見る長いゴールデンウィークがまもなく終わろうとしています。
最近は特に列車に関する目立った活動はしていなくて、このGWも遠出と言えば車で軽井沢に日帰りで出かけたぐらいでしょうか・・・

私は車で軽井沢に出かけると、帰りは必ず中軽井沢駅前にある老舗のお蕎麦屋さんに立ち寄るのですが、今回は残念なことにお店に到着したのが閉店を30分過ぎた頃・・・
のれんがお店の中に見えたものの看板の電気は点いていたので、恐る恐る扉を開けると・・・やはり閉店とのことでした。
非常に残念そうに立ち去り、車を発進させようとすると、ご主人が追いかけてきて、お詫びにとお土産用のお味噌を頂きました。
閉店後にたずねたこちらが悪いのに、この対応。こちらのほうが頭がさがります・・・
今度来るときは遅くても19時を目標に来店しなければと思いながら車を東京に向けました。

で軽井沢でお蕎麦を食べれなかった代わりに、碓氷峠の旧道を真っ暗の中、180あまりのカーブを慎重に曲がりながら、麓の横川にある「おぎのやドライブイン」に立ち寄りました。
ここではきっと日本一有名な駅弁「峠の釜飯」を、碓氷峠を越える列車がなくなってしまった現在でも、ドライブインでの目玉として24時間販売しています。

Pa0_0001

「峠の釜飯」
長野新幹線開通前。信越本線を走る特急列車が碓氷峠を越えるための機関車を連結するために停車した横川駅で販売していた有名な駅弁ですが、信越線の碓氷峠が休止されてしまいローカル列車だけが発着するようになった現在、横川駅のホームでの販売はなくなってしまいましたが、横川駅に隣接するこのドライブインでは、昔と変わらぬパッケージで今も特設コーナーにて販売中です。

私も、碓氷峠休止直後に配線跡を視察に訪れて以来、ずっと「峠の釜飯」を食していなかったので、お蕎麦の変わりといっては釜飯に失礼ですが、ドライブインで釜飯を購入し、懐かしい味を堪能してきました。
本当に昔と変わらぬ味で、釜飯とは別に小さな容器に入ったお新香も健在でした。

これでEF63のホイッスルでも聞こえれば言うことなしなのですが、時間は夜の9時過ぎ・・・
文化村に残る動態保存のEF63もすでに就寝中。
それでもかつて聞こえたいた、ホイッスルを思い出しながら、久々の「峠の釜飯」を味わったのでした。

« 金の鯱塗装のボーイング737 | トップページ | EAST-i ドクターホワイトを発見! »

(9)そのほか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13274/9950044

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の「峠の釜飯」:

« 金の鯱塗装のボーイング737 | トップページ | EAST-i ドクターホワイトを発見! »

Google

  • Google

AMAZON