本サイト

無料ブログはココログ

« イギリスの列車9「ユーロスター」 | トップページ | イギリスの鉄道ビデオ第1弾は
現代版フライングスコッツマン »

2005.03.31

イギリスの列車10「乗れなかった車両達」

br_109
3日間という限られたイギリス滞在時間の中では、興味があっても乗れなかった車両がいくつかあります。
まずは、上の写真。ヴァージントレインの「ボイジャー」
ヴァージンの「ペンドリーノ」には、思いっきり期待はずれでしたが、この「ボイジャー」もイギリスに行く前から気になっていた車両。
「ペンドリーノ」がロンドンと地方都市を結ぶのが主目的に対し、こちら「ボイジャー」は地方都市間で活躍しているようです。
そのためロンドンでは見ることが出来ませんでしたが、ヨーク、エジンバラ、マンチェスターなどで見かけました。
車内の作りは「ペンドリーノ」と変わらないようです。

br_110
ヨーク駅で上の「ボイジャー」近くに停まっていた車両。
初めてみる車両で、どこを走っているのかよく分りませんが、気になるデザインと風格です。

br_111
「HST125」。
GENRで乗った「HST225」の先輩格にあたる車両で、旧イギリス国鉄の顔的存在だったと思います。
ディーゼル機関車が編成の前後につくプッシュプル型で、最高時速200kmを誇ります。
イギリス国鉄分割後、引き継いだ私鉄各社の色に塗装は変わりましたが、まだイギリス国内で多く見かけることが出来、遠くはスコットランドのインバネスやアバディーンの近くで、ロンドンへの直通特急として活躍していました。
写真はロンドン・パディントン駅で撮ったもの。

« イギリスの列車9「ユーロスター」 | トップページ | イギリスの鉄道ビデオ第1弾は
現代版フライングスコッツマン »

(1.1.3)イギリスの鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13274/3507643

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの列車10「乗れなかった車両達」:

« イギリスの列車9「ユーロスター」 | トップページ | イギリスの鉄道ビデオ第1弾は
現代版フライングスコッツマン »

Google

  • Google

AMAZON