本サイト

無料ブログはココログ

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004.08.31

中国の鉄道高速化。日本も落札!!

中国の在来線高速化に伴う入札が行われ、日本のほかフランス、カナダの企業が、異なる中国の鉄道車両メーカーと組んで応札を行っていましたが、先日、全ての国が落札した旨の公表が行われました。

この入札は、1編成8両。最高時速200KMの高速車両を10編成入札するもので、今回の結果により日本勢は全体の3/10である、3編成を確実に納めることが確定したと考えられます。

日本は、川崎重工他6社の連合と中国の南車四方機車車両による応札で、東北新幹線「はやて型車両」を改良したもので提案されています。
走行する区間はまだ未定ですが、最高時速200KMの高速化は5路線程度で計画されており、日本・フランス・カナダの車両が、路線毎に割り当てられるのではないかと思います。
実施時期は2005年からとなっており、いまから「はやて」がどのような姿で、中国の在来線を走るのか、非常に教務深いもので、楽しみにしています。

対するフランス(アルストム)は、TGVの改良タイプ、カナダ(ボルバルディア)はどんな車両なのかいまいち見当つきませんが、カナダはTGVの技術を導入したアメリカの「高速車両アセラ」の製造経験があり、やはりこれに似た車両ではないのかと思っております。

ところで、中国と言うとドイツの鉄道技術を多く取り入れており、先日乗った上海のリニアや地下鉄もドイツ製だったほか、ドイツ新幹線ICEの技術を導入した車両も試験的に製造し、実際に営業運転に使われております。
更に北京の実験線では最新型のICE3の目撃情報もあり、中国の鉄道はドイツよりになっていくのかと考えていたので、今回の結果に少し驚いています。

いずれにせよ、今回の導入結果が将来予定されている中国新幹線の建設動向に影響を与えるのは確実で、将来を見据えた3国の新型車両の完成を楽しみにしたいです。

2004.08.29

世界の車窓からDVDが発売されました。

2004年8月25日。
世界各国の鉄道を取材し、その車窓風景を毎日放送しているTV番組「世界の車窓」からDVDシリーズが発売されました。

この番組からのビデオ・DVD発売は今までもありましたが、今回は放映6000回記念を記念したDVDでの発売で、画面サイズもハイビジョン比率となってます。
シリーズは2回にわたって発売されそれぞれの発売日と特集は次の通りです。

第1回販売。5編(8月25日)
イギリス・スイス・スペイン・フランス・ブラジル

第2回販売。5編(10月21日)
アメリカ・オーストリア・中国・オーストラリア・インド

私も早速フランス編を購入してみました。
旅はスペインのバルセロナから始まり、地中海をイタリア国境まで向かいます。
内容としては、決して鉄道マニア向けでなく、車内の乗客のショットをやや多く使った車窓や沿線の街紹介が主体となっており、以前のシリーズに比べると列車を外から撮った映像がやや少ないかなと感じてます。
それでもやはり作成はやはりプロ・・・
私がビデオで回すのとは段違いにうまい映像と手間がかかっているのが、よくわかります。
美しい車窓風景をDVDの再生できるパソコンで見ていると、とてもよい気分転換の時間となります。
特典映像を含め、収録時間が約90分と言うのも、ちょっと得した感じになれます。

<マニア的視線で見ると・・・>
またスペイン-フランス国境は、両国のレール幅の違いを乗換えなしで直通できるタルゴ(Talgo)に乗っているのですが、国境駅での軌道変換について全く触れないところは、少し寂しさを感じました。
この作りを見ていると、絶版になってしまったと思われる衛星放送WOWWOWで行っていた「レールウェイストーリー」のほうがマニアック的な映像も含んでおり、マニアも楽しめたのですが、世界の車窓からのDVDは、もっと一般向けに作られているということなのかも知れません。

ところで、この「世界の車窓から」のDVD。 なかなか売っているお店を見つけることが出来ません。
売っていても定価だったりして、ディスカウント店での入手はなかなか難しいようです。
このような理由から私は「アマゾン」で入手しました。

今なら、20%引きで購入でき、購入金額も1500円を超えるので送料無料です。
購入を検討される方は、下のリンクからたどって頂けると嬉しいです。

cover世界の車窓から~フランス鉄道...

世界の車窓から~ブラジル鉄道...
世界の車窓から~スペイン鉄道...
世界の車窓から~スイス鉄道の...
世界の車窓から~イギリス鉄道...


2004.08.23

「上海の地下鉄」と直達特快のチケット受け取り
中国鉄路に乗ってみよう!第9話

このBLOG記事は、HTML化し、移転しました。
中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ」に移動をお願いします。


上海には2つの地下鉄が通っており、「地鉄」という名称で呼ばれている。 厳密にいうと最近開通した市内の外周を走る鉄道も「地鉄」なのだが、こちらは地上しか走らないし、切符のシステムも違うようだ。

空港からのリニアモーターカーが到着する「龍陽路」を通る地下鉄は「2号線」。上海市内を東西に走る地下鉄でラインカラーは緑色で統一されている。
対して「1号線」は上海市内を南北に走る地下鉄で、北端が中国鉄路の「上海駅」となっている。この1号線のラインカラーは赤色で、1号線と2号線は上海市内の中心地である「人民広場駅」で交差し、改札内での乗換えが可能だ。

続く・・・

中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ


2004.08.18

ギリシャ鉄道の思い出・・・

アテネオリンピックが開催中のギリシャ。

私は、11年前の1993年3月ギリシャに訪問し、ギリシャの鉄道に乗る機会がありました。
今日は、オリンピックに関連し、当時私が残した「ギリシャ鉄道旅行記」をリメイクしてUPします。


ギリシャへは、ブーツのような国土のイタリアのかかとの部分の町「ブリンディッシ」を夕方出港する船に乗り、激しい嵐を通りぬけ、翌日の15時に「パトラ」と呼ばれるギリシャのペロポネス半島にある町に上陸しました。

「パトラ」から「アテネ」までは鉄道が通っており、下船後すぐにギリシャ国鉄の駅に向かいました。
この路線は、ペロポネス半島を周回している狭軌の鉄道ですが、半島を超えてアテネまで直通しています。
「パトラ」の駅は、、ホームは1面しかなく駅舎も小さな駅でしたが、窓口には切符を買い求める多くの人が列をなしていました。
壁にはパトラーアテネ間を結ぶ全席指定の急行列車(ディーゼルカー)のポスターが貼ってあり、なかなか繁盛しているようです。
しかしながらこの急行列車。トーマスクック時刻表(ヨーロッパ全土の時刻表)にはその記載がなく、トーマスクックもギリシャまで来ると信頼性は落ちるものなんだと感じたものでした。

私は16時発のこの急行列車に乗ろうと駅の窓口に並んだのですが、先に並んでいた同じ船から降りたひとり旅行者と思われる白人男性が「満席のようだ」と教えてくれました。
16時以降の列車に乗ってアテネに向かうことも出来たのですが、初めて訪ねる街「アテネ」への到着が遅くなるのと、到着後のホテル探しに少し不安を感じ、この日は上陸した「パトラ」に1泊してます。

翌日、「パトラ」の駅で、コーヒーを飲みながら小さな駅を眺めていると、程なく列車が入ってきました。
駅のポスターにある綺麗な急行列車とは似ても似つかない、古ぼけた機関車に牽引され、やはり古ぼけた客車を連なった列車です。
トーマスクックでは、この時間に入線する列車がなく、あわててホームにあった時刻表を眺めてみると、そこにはギリシャ文字・・・・全く読めません。
私は列車から降りていた車掌さんに歩み寄り、「アテネ行き?」と訪ねると、「そうだ」と言われましたが、車両には行き先の表示がないし、いつ出発するかも分らないし、かなり不安を持ちながら乗りこみました。

車両は標準軌の一般的なヨーロッパの車両と比べるとかなり小さく、日本の標準的な列車より小さかった記憶もあります。車内はガラガラで冷房装置などはなく窓が開けっ放しの状態。昨日乗れなかった急行列車と比べると随分差を感じる列車でした。

列車はなかなか動くことがなく、30分もするとトーマスクック時刻表にある出発時間になりましたが、それでも動かず・・・。
結局列車は、「パトラ」に45分停車。トーマスクック時刻表と比較して15分遅れて、のろりのろりと長いこと使われていない入替線のようなところを進みはじめました。
本当にこの先に「アテネ」があるのか?更に不安が倍増するような風景の中を、とりあえず列車は走り始めたのです。

 その後はもうトーマスクック時刻表はあてになりません。どこを走っているのか全然分りません。
のどかなペロポネス半島の風景の中を列車は進み、徐々に乗客が増えていきました。
途中、ポスターにある綺麗な急行列車ともすれ違いました。
ペロポネス半島と大陸の境を流れる深い運河を、徐行して渡ったのが凄く印象に残っています。

「アテネ」についたのは、トーマスクック時刻表と比較すると45分遅れ。
「アテネ」の駅は街の中心地から離れており、標準軌と狭軌で別々の駅舎になっています。
私の乗る「パトラ」からの列車は、首都の駅とは思えないほど小さな作りの狭軌側の駅に着きました。
ホームには「アテネ」の表示がどこにも見えず、多くの人が降りたので「アテネ」なのだと気付いたようなもので、ここが本当に首都の駅なのか不安になるぐらい何もない駅でした。
列車はこの後、港町であるピレウスまで一駅走って終点です。

もっともレールファンならば、駅構内に標準軌のレールが見えるため、なんとなく「アテネ」についたことを感じることが出来るかもしれません。

私はこの後、市内のホテルを探し、数日間「アテネ」に滞在しました。
この間には、ひとりで名ばかりの「エーゲ海クルーズ」に参加したり、私と同じように一人旅をしている人とレストランで楽しくお酒を飲みながら食事したりと、終わってみれば結構楽しい思い出だらけでした。

この先、本当は「アテネ」から標準軌の列車を乗り継いで、「イスタンブール」まで行く予定だったのですが、なぜか面倒くさくなって、飛行機で「イスタンブール」に渡ってしまったことが、今となっては公開しています。

2004.08.17

「週刊 世界の鉄道」の終了に思う・・・

del.jpg

本屋さんに大きな箱に入った飛行機や車の模型等みたことありますよね?
デルプラドという多分、外国資本の会社が販売している「本」というか「雑誌」というか、よく分類がわからないこの模型入りのシリーズに「週刊 世界の鉄道」と言うものがあります。

言葉どおりに、世界各国の有名な列車の模型が入ったもので、価格は1500円ちょっとぐらい。
その価格から本格的な鉄道模型と比べると、かなり簡易な作りですが、本物の列車の特徴はそれなりにつかめていました。

私も過去に乗った列車や気になる列車は、その想いとともに手元においておきたいのですが、模型は高くてなかなか手が出ません。
そんな私にとって1500円程度で手に入るこの模型は、とても歓迎するものでした。

ところが外国の鉄道って言うのは、日本の鉄道マニアには全く受け入れられないです。
この「週刊 世界の鉄道」は当所、全国の本屋さんで当たり前に見ることが出来ましたが、あまり売れなかったみたいで、いつの間にかマニア向けの本屋さん以外から姿を消しました。

私も、本屋で見かけないのでその存在を忘れかけていましたが、今月上旬。ふとしたきっかけでネットを使ってこのデルプラドのサイトを覗いてみると、ちゃんとシリーズは続いていて、しかも通販でも購入可能でした。

さっそく衝動買いしてしまったのが上の2つの模型

奥はドイツの新幹線「ICE3」。
この列車には私自身乗ったことないのですが、先々代の「ICE1」には3回ほど乗ったことがあり、車内の素晴らしさに感嘆したものでした。
この「ICE3」は私の乗ったICEの進化系。機関車タイプから日本の新幹線と同様の電車タイプとなり、運転席のすぐ後ろの席からは、前面展望が楽しめると言う、素晴らしい楽しみを提供してくれる車両。
いつかは、いや近いうちに乗りたいと想いを寄せている車両です。

手前の青いのはアメリカの「アムトラック」の機関車
私が昨年、シカゴからワシントンDCまで乗ったアムトラック「キャピトル・リミテッド」の先頭に立っていたのがこの機関車です。
これは当時の思い出を手元に置いておきたいとの想いから購入しました。

通販で買えるならこの先の販売も楽しみだと思っていると、
「第48号をもちまして終了させていただくこととなりました」との案内が同社のHPにありました。
48号とは、この8月に発売される最新版です。 でもこれで終わりなんです。
確か発売時は全部で100種類出るような話があったかと思うのですが、やはり売れないんです外国の車両は・・・

その案内の先にはこんな記事が
「週刊 世界の鉄道スペシャル JR編(仮題)」として新たに生まれ変わります。

・・・
JR編では、全然世界の鉄道じゃない!

どんなに叫んでも、この国の鉄道趣味は鎖国状態なんです。
日本の鉄道マニアと言われる人の10人に9人には、日本の電車しか興味がありません。
鉄道は世界に広がる趣味なのに、そんなことには興味を持ってくれない人ばかりです・・・
日本で売っているマニア向けの「鉄道趣味誌」も、中を開けて見ると日本のことばかり・・

外国の鉄道に乗ることを愛好する私にとって、とても悲しい現状です。

2004.08.16

さてさて困りました・・・
ホームページエリアの解約通知・・・

中国の鉄道旅行記ばかりに熱が入ってしまっていた最近ですが、ちょっと困ったメールが来ていることに気がつきました・・・
タイトルにある「ホームページの解約通知」です。
ホームページと言っても、このココログ(weblog)のことではありません。
私はインターネット上に2つのサイトを開いています。

ひとつはこのWEBLOGタイプの「海外鉄道旅行愛好者」
もうひとつが、本サイトの位置づけである「ひとり汽車旅・のりものの旅」

このうち、本サイトである「ひとり汽車旅・のりものの旅」の一部がその対象となってしまいました。
「ひとり汽車旅・のりものの旅」は基本は@niftyの@ホームページと言うエリアを使っているのですが、このエリア(サーバー)は無料で使える容量が20Mと狭いんです。
そのため、@nifty以外の2つの会社のエリアを借りて、テキストベース以外のコンテンツを置いてもらっています。

ひとつは掲示板。
これは画像が貼れる様になっていて、尚且つCGIといわれるプログラムをWEBサーバー上で動かす必要があり、サーバーにも負荷がかかるのですが、それをも認めている太っ腹な会社「isweb」に設置させていただいております。

もうひとつがブロードバンドムービー館。
こちらはファイル数は少ないのですが、動画と言うことがありそのファイルサイズが、1つ数Mにも及んでしまいます。
沢山の人が私のサイトのムービーを見ると、そのサイトへのトラフィックが多くなり、サーバーのレスポンスを遅くしてしまうのが難点です。

で、このブロードバンドムービー館を置いている会社から、ダウンロード量が1日250Mを常に超えており、他への影響があるからと、解約を知らせるメールが届いてしまったのです・・・
幸いまだファイルの削除は行われていませんが、まもなく消されてしまうのは確かなようです。

早く移動先を見つけなければと思うのですが、適当なところが思い浮かびません。
有料サーバーならいくらでもあるのですが、私自身の中でかなり抵抗があります。

あー どうしよう・・・・

2004.08.15

上海リニアモーターカーに乗車!
(中国鉄路に乗ってみよう!第8話)

このBLOG記事は、HTML化し、移転しました。
中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ」に移動をお願いします。


上海浦東空港から上海市内までは、およそ30Km離れている。 2004年1月1日。この上海浦東空港から上海市内にある地下鉄龍陽路駅の区間に世界初の実用「浮上式リニアモーターカー」が正式に開通した。 最高時速は430Km。 両駅間約30km(29.863km)を7分20秒で結び、2004年7月現在、世界最速の列車としてギネスにも認定されている。 私にとっては、この「上海リニア」に乗ることも、今回の訪中の目的のひとつである。

ところで、この上海リニアはドイツのトランスラピッドと言われる技術を導入したもので、中国独自の技術によるものではない。
リニアといえば日本の山梨でも実験が続けられているが、山梨のリニアと中国(ドイツ)のリニアは見た目も技術的にも少し違うようだ。
山梨のリニアは「コ」の字を右に90°横にした溝のようなレールの中を走るが、中国のリニアのレールは「T」の字型のレールを上から挟み込みような形で走る。
浮上の方法も違い、山梨のリニアは走り出すときはタイヤ走行で、時速100km程度になると10センチ程度浮上する。一方中国のリニアは、スタート時にまずふわりと1センチ程度浮上してから走り出す。

続く・・・

中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ



2004.08.09

上海に向けテイクオフ!そして中国入国 
(中国鉄路に乗ってみよう! 第7話)

このBLOG記事は、HTML化し、移転しました。
中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ」に移動をお願いします。


成田10:00発、上海行きのJAL791便の搭乗は出発30分前の9:30から始まった。 子供連れや搭乗回数の多い上客から優先的に機内に入れるのは、国際線と変らないが、この便では申請者がなく、すぐに一般客の搭乗が開始される。

今日のJAL791便は、ボーイング777-200と呼ばれる最新鋭の機体。
ファーストクラスの設置はないものの、機内前方のビジネスクラスには最近登場したばかりでニューヨークヤンキーズ在籍の松井秀樹選手が宣伝を行っている、カプセル型のフルフラットシートが設置されていたので導入間もない機体とお見受けした。


続く・・・

中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ


さよなら急行だいせん

この秋に行われるJRのダイヤ改正で大阪と山陰地方を結んでいる「急行だいせん」が廃止されることになったと聞きました。
この列車。実は私が始めて乗った寝台列車で、廃止と聞いたときちょっと寂しさを感じました。
私が乗ったのは、昭和60年4月1日。
15歳だった私は、初めての大阪で予約したホテルが見つけられず、その代わりの宿にと出雲市までの「急行だいせん」のチケットを「みどりの窓口」で求め乗り込みました。
そのときの写真が上のものです。

当時は特急運用から引退して間もない、20系と言われる初代ブルートレインの車両が使われ、初めて乗る寝台列車としては文句なしの車両でした。
編成は7両ついており、このうち大阪より3両程度が寝台で、後は座席車として使用されていたと思います。
私は指定された最後部の車両に乗り込み、初めての寝台に興奮しながら、最後部についていた展望室に向かい、大阪駅の出発を眺めていたことを思い出します。

この20系は3段ベットになっていて、ベットにもぐりこむと寝る以外の姿勢は厳しかったです。
ベットの幅も最近の寝台よりかなり狭く、通勤型電車のイスの幅しかありませんでしたが、特に窮屈さを感じることなく、寝ることが出来たと思います。
朝。目覚めると列車は宍道湖のほとりを走っていました。そのときの車窓は今でも目に焼きついています。

最初に乗った寝台列車としてはとても好印象に残っているのですが、ひとつだけ残念だったことは、この列車はかつて出雲大社への参拝客の輸送用としても活躍し、今は廃線になってしまった大社線の大社駅まで乗り入れていたことがあります。
私が乗ったつい1ケ月ほど前まで「急行だいせん」は、大社まで乗り入れをしており、ローカル線の大社線を20系のブルートレインで乗ることが出来なかったのことでしょうか・・・・

いま「急行だいせん」は最後の活躍をしておりますが、私の乗ったときに比べると、運行区間は大阪-米子間に縮小され、車両はたった2両のディーゼルカーになり、かつての機関車牽引の堂々とした列車の印象は残っていません。

客車牽引の堂々とした列車が好きな私にとって既に「急行だいせん」は別の列車になってしまっているような気がします。
風情ある列車が、日本から段々なくなってきてしまったことも、私が海外の鉄道に乗りに行く理由のひとつとなっています。

最後に「急行だいせん」の最終日までの安全運行を祈っています。

*参考 私のサイトにある「急行だいせん」の思い出
急行「だいせん」の20系時代

いざ旅立ち!NE'Xで成田へ
(中国鉄路に乗ってみよう!第6話)

このBLOG記事は、HTML化し、移転しました。
中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ」に移動をお願いします。


<2004年7月16日(金)>

いよいよ始めての中国に旅立つ日となった。
今日は、成田発10:00のJAL791便に乗って「上海」に向かい、そのまま「上海」に泊まる行程になっている。

私は朝5:40過ぎに家を出て、バスと電車を乗り継いで中央線の「三鷹駅」に向かった。
「三鷹」からは、同駅を6:17に出発する「成田エクスプレス3号」で成田空港へと足を進める。
この列車は、中央線高尾発の同線を走る唯一の成田エクスプレスで、途中八王子、立川、国分寺、三鷹、吉祥寺と中央線の主要駅にこまめに停車し客を拾っていくのと、朝早い列車である為か指定席が取りにくい列車のようである。

続く・・・

中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ



2004.08.08

旅の準備とスタイル(中国鉄路に乗ってみよう! 第5話)

このBLOG記事は、HTML化し、移転しました。
中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ」に移動をお願いします。


「航空券」「列車のチケット」「ホテルの手配」この3つが無事揃えば、初訪中の準備はほぼ終わったことになるが、これ以外に準備したものには次のようなものがある。
少し中国鉄道旅行記から話が離れてしまう気もするが、初めて海外の鉄道旅行に向かう人への参考になればとも思い少し紹介してみようと思う。

続く・・・

中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ


2004.08.07

宇都宮線の無料グリーン車

231g.Jpg

現在JR東日本の宇都宮線と高崎線で無料のグリーン車が運転されています。
これは今年秋のダイヤ改正で、宇都宮・高崎線と東海道、横須賀線を新宿経由で結ぶ、湘南新宿ラインの電車を全てグリーン車付にすることが決定されたことに起因します。
この準備のため、今年5月ごろから同線を走る電車にグリーン車を順次連結し始めたのですが、10月まではこのグリーン車を普通席として開放しています。

ちょうど先月末、約5年ぶりに宇都宮線の大宮以降に向かう用事があり、運良く往復ともこの無料グリーン車を体験することが出来ました。
上野駅では、無料グリーン車付の列車が入線すると、その旨を構内放送で案内していましたし、下車した石橋駅では時刻表に無料グリーン車連結列車の案内がありました。

無料ということで、多くの人が利用しており、中には私のように無料グリーン車狙いで、連結列車を選んで乗っている人も沢山見受けられました。
10月に向けこれからも連結列車が増えていくと思われますので、こちら方面にお出かけの際は時間に余裕を持って出かけ、この列車に乗って見られることをお勧めします。


2004.08.06

ホテルの手配
(中国鉄路に乗ってみよう!第4話)

このBLOG記事は、HTML化し、移転しました。
中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ」に移動をお願いします。


鉄道を目的に訪中するのにもっとも重要な列車の手配を無事終えたら、次に重要のなのはやはり"ホテル"の手配。
今回の旅行計画では「上海」と「北京」に1泊づつホテルの手配が必要であった。

ホテルは、現地に着いた当日に捜すことも出来るとは思うが、限られた短い日程を無駄なく過ごすには、現地に着いてからホテルを捜すのではなく、日本から事前に予約を入れておくことが望ましいと考える。

続く・・・

中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ



列車のチケット手配(中国鉄路に乗ってみよう!第3話)

このBLOG記事は、HTML化し、移転しました。
中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ」に移動をお願いします。


中国への航空券の手配は無事終わったが、次の問題になるのは「列車」と「ホテル」の手配である。 まずは「列車」のチケット 中国の列車のチケットは、はっきり言っていつから発売されているのか良くわからない。 1ケ月前という声もあれば、1週間前という声も聞く、しかもそのチケットは基本的に始発駅でないと買えないという情報すらある。2004年の夏の話である。

続く・・・



中国鉄路に乗ってみよう!メインメニューへ

2004.08.01

中国の鉄道ビデオ完成しました!
直達特快Z14 東方号

z14blog.jpg

7月17日に無事乗車することが出来た、中国鉄路の最新鋭の列車「直達特快」

この乗車前日と乗車日にビデオで撮影したものを、休日の昨日。1日かけて編集し、何とか完成しました。
ビデオでは出発駅となる上海駅の様子はもちろん、上海を出発する「直達特快」(写真の構図)、車内の様子。そして終着北京駅への入線など、「世界の車窓」のような非常に凝った作品に仕上げました。

見ていただくには、最低でも1.5M以上のADSLなど、ブロードバンドでの環境が必要となりますが、興味のある方のご訪問お待ちしております。

ビデオは本サイト「ひとり汽車旅・のりものの旅」で公開中です。


でもこれだけ情熱を入れて中国鉄路の作品を作ると言うことは、私自身今回の旅が非常に満足いくものであった表れかとも思ってます。

公開したビデオの長さは、5分21秒。
でも中国で撮影してきた本来の長さは、45分にもおよびます。
未公開部分には、世界最速の営業列車である上海リニア他、まだまだ列車が写っていますので、いずれこちらも編集して、公開したいと思います。

なにせ、ビデオは手間がかかるもので・・・・

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

Google

  • Google

AMAZON